忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
昨日放送の『英雄たちの選択』(NHKBSプレミアム)は鍋島閑叟(直正)がネタだったんだが、閑叟は佐賀藩が明治維新後「薩長土肥」と言われる勇躍のきっかけを作った人物でもある一方、その4藩出身者の中では佐賀藩士が傍流になってしまう原因を作った人物でもあるんだな、とか。
今田新太郎関連で昭和初期の陸軍軍人を調べていると、急進派軍人には旧佐賀藩出身者が多いんだな。真崎甚三郎然り、5.15の三上卓とか。
昭和初期の急進派軍人と言えば旧奥羽越関係者(石原莞爾とか)が多いと言われるが、「維新で新政府側だったのにその後はいまいち」だった旧佐賀藩関係者というのも気になる。そういえば、やはり佐賀藩と似たような立場になってしまった旧土佐藩関係者はその後自由民権運動に足突っ込んだ人が多かったですな。中江兆民(今田の親友だった中江丑吉の父)も旧土佐藩関係者。



では本日の本題。
…アクセス解析を調べている最中に、うっかり見つけてしまった…ヾ(^^;)

今田新太郎の陸士・陸大の同期生で親友だったらしい高嶋辰彦。
が!どうも調べた限りではその思想は今田とはちょっとずれていた様に思われる。
(※拙ブログでの彼に関する記事はこちら参照 5)
高嶋の著書の一部は国立国会図書館の近代デジタルライブラリーなどでも読める

なにしろ戦前の本なので、読むのが結構めんどくさそうな物。ということで、一度もちゃんと目を通してなかったのだが…
現代日本人には…いや現代人じゃなくても、理解不能な彼の思想を分かりやすく???した物を見つけてしまったのである…うっかりヾ(^^;)

以下、かなりすごい代物をご紹介するので、時間のない方はスルーで
覚悟のある方は下の「つづきはこちら」をクリックプリーズ
石原完爾はとっても真人間だったのかもなー、とか何か妙な錯覚を抱かせるような内容です(をい)

“皇戦”の神髄を説く

高島大佐、白鳥大使熱弁
皇戦会本社共同主催 世界総力戦大講演会
昨夜・大阪中央公会堂

皇道に基づく新しい世界文化の建設をめざして設立された皇戦会の大阪支部誕生を記念して皇戦会と本社との共同主催による「世界総力戦大講演会」は中部防衛司令部後援の下に、二十四日夕六時半より大阪中央公会堂で開催された“皇戦”の首唱者高島辰彦大佐、戦乱の渦中イタリーより帰朝早々の白鳥大使(注1)両権威の声に聴こうとする会衆の熱意は、さすがの会場を埋めつくすの盛況、中坊大賀中佐(注2)をはじめ多数の見習士官や、ドイツ副領事ブラウン博士(注3)が広江通訳を傍に聴き入る姿も人目を惹いた、定刻世川本社事業部長は皇戦会の主旨を述べて挨拶に代えて講演会に入ったが両講師の熱弁は聴衆に多大の感銘を与え終始拍手の嵐の中に現下国民の緊張を生々しく物語る雰囲気を示した、しかして高島大佐の「世界総力戦と皇戦」と題する左のごとき講演を終るや、世川本社事業部長は輝かしい“南寧攻略”の本紙号外を披露し「万歳万歳」の歓呼が場内を圧するなかに白鳥大使が壇に起ち「欧洲を繞る世界情勢」と題し別項の如き講演をなし、同大使の音頭で万歳を三唱して同九時半盛会裏に閉会した
 なお武田鼎一博士(注4)ならびに中岡弥高中将(注5)の両講師は風邪のため欠席した

世界総力戦と皇戦 皇戦会常務理事参謀本部課長 陸軍歩兵大佐 高島辰彦氏
世界の旧秩序、新秩序とは何を指していうか、私はここに大和民族の心奥に燃える“すめらみいくさ”の神髄を申上げる、世界の旧秩序とは近世二、三百年間の世界を縛りあげた謀略即ちトリックであり、新秩序とはこれを覆し世界を真に幸福に導くものだ、この二大潮流の戦いが世界総力戦であるわが国の動向は概してこの新秩序の方向に進んでいる、その具体的な現れはまず満洲事変で結局両国の国境が無くなったのだ、近世の国境は悉くトリックで民族自決とかの名で行われたヴェルサイユ条約で生れたチェッコスロヴァキヤにしてもポーランドにしてもこのほどまで独立国と誤信していたのがどうか、為政者は国民を捨てて逃げ去ったではないか、かつてはユダヤ民族の傀儡となった張学良英国の手に踊ったエチオピヤ、スペインの人民戦線、蒋介石、それにオーストリヤなど実に惨めな運命を辿ったではないか、これらはみな近世既成国家の巧みなトリックにかかったのだ、独伊と日本の行き方には共通類似の点が多い、それはこのトリックを打破って無秩序を建設せんとする点にある、そこで当然起るのはヴェルサイユ体制の打破である、しかもこの機運をつくったものは日本でこれを代表して敢行したのは軍民一体のもとに行った軍隊である、独伊がこれに追随して伊エ戦争となり、ドイツのオーストリヤ、ズデーテン、チェッコの合併となったのである五相会議の小田原評定、日英会談などで道草を食っている間に独ソが結ぶとドイツは怪しからぬといったイギリスが日独離間に策動したりする、私はあえて日本磁石論を提唱したい、それは日独伊枢軸にしても、日本を度外しては決して強化されない事実に徴しても明瞭である、今や新旧秩序が武力をもって相見えているのが支那事変でこれが拡大すれば世界の動乱ともなるが、如何なる事態に直面しても日本の上下団結の力が強固でありさえすれば多くの武力を用いずとも足りるのだ、然るに近来軍民離間を策するものあり、多大の犠牲を払って来た支那事変の前途不安を抱かせるものがある、それはいわゆる国内一部の旧秩序支持者即ち自由主義個人主義に禍いされた人達で、この主義思想はそもそもユダヤの賎民思想に出発しイギリスがこれを最もよく代表している、これに対抗すべき新秩序とは四海同胞、八紘一宇、世界人類主義であって、この新秩序下にある朝鮮、台湾の民が如何に幸福であるか、これを満洲、支那に押し拡めるのが現下の新秩序建設の目標である「領土的野心なし」の「権益を尊重します」のとは何という見当違いのことをいうのだ、ユダヤ民族の契約思想に対して新秩序の精神は「お尽しする」「仕える」「捧げる」の思想である、日本は正に神国である、神国の民を代表するものは農民でその朴直のなかに日本精神が脈打っている、いらざる知識を身につけたインテリ階級ほど忠義の念が薄い、支那事変はゆっくりとやるのでいいのだこれが「皇国の戦い」である、秦の始皇帝が万里の長城を築いた式にやればよい、新秩序のもとでは税金なんぞも必要はない、金本位制度なども破毀して進めばよい応神天皇の御善政と申し、神功皇后の三韓征伐、それに聖徳太子の十七ヶ条の憲法と申しみな興亜精神の根基ともすべきであり、豊太閤の浪速建設の偉業と当時の産業経済、文化の跡に学ぶべき誇るべきものが実に多い私は帝国軍艦の姿にこそ昭和聖代最高の芸術があると信ずる、現代の学問にも芸術にもその他諸々の事象の多くは旧疾序の奴隷にひとしい、これではいけない、われわれ皇戦会が起ったゆえんはここにある、諸君とともにこの大変局に棹し大局を誤たず一身を国家に捧げ渾身努力を尽したい
神戸大学図書館 電子図書館新聞記事 『大阪毎日新聞』1939.11.25(昭和14)
※(注)はばんないによる補足
…これを打ち込まれた神戸大学図書館の担当者の方、本当にお疲れさまでした…ヾ(^^;)
<補注>
(注1)白鳥大使:白鳥敏夫。後述。
(注2)中坊大賀中佐:検索したが詳細未詳。
(注3)ブラウン博士:詳細不明 この時代のドイツに詳しいえらい人教えて
(注4)武田鼎一博士:当時関西大学教授。専門は経済学。こちら
(注5)中岡弥高中将:こちら参照。この当時は予備役編入、皇戦会理事長に就任。

一言で言うと「一般的な大アジア主義に、昔からの国学と反ユダヤ主義と反欧米主義を混ぜて8時間ぐらい煮込み、炎天下で3日間ほど寝かせたら、こういう物が出来るのかなあ」という内容かと(をい)
しかし、何か論理めちゃくちゃというか、
支那事変は大動乱のはずなのに日本がしっかりしてたら大きな武力はなくても大丈夫になったりとか、
どうして近代の「新秩序」が駄目なのに、イギリスがアウトでドイツはOKとか、
イギリスはユダヤに支配されてることになってたりとか、
「ほんとに大丈夫ですか?」という内容である。
これじゃあの稲田正純に「キチ○イ」なんて言われてしまうわけです。ただし実際の行動を見ると敵兵すら殺さなかった高嶋>>(越えられない壁)>>部下を見捨てて逃亡の稲田なわけですが(爆)

しかし、大アジア主義と欧米志向が対立するのは分かるのだが、その欧米志向にユダヤ問題がなんで絡んでくるかというのが私にはよく分からない。反ユダヤ主義といえばナチス・ドイツ、というのは子供でも知っている話ではありますが、反ユダヤ主義自体はナチス・ドイツがいきなり言いだした話ではなくて、結構根深い物らしいし…この講演会にはドイツ大使館関係者も来ていたようから話を盛ったんだろうか。謎。

一番の不思議はこの講演会、上記の記事を読む限りでは結構大盛況だったらしい。いや、あの時代でも、いくら何でも聞いててどこか変とは思わなかったんだろうか、みんな…
なお、この頃この講演会を主催した毎日新聞は高嶋を一押ししてました。拙ブログこの辺

こんな高嶋ですが、戦後は陸軍では珍品ヾ(^^;)の英国通辰巳栄一の配下でいろんな工作をしていたらしいというのですから、本当に高嶋は不思議ちゃんです。

さて、この時タッグを組んでいた「白鳥イタリー大使」こと白鳥敏夫についてはといういい解説本があります。ただ、白鳥のぶっ飛びぶりに(※事実、白鳥はこの後精神病で入院させられたこともあったとか)著者の戸部さんも付いていけなかったのか、後半になると分析の切れ味が悪いような印象。
これで白鳥敏夫があの白鳥庫吉の甥と言うことを知り、結構ショックだった…。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/19 Williamnon]
[08/31 やぶ椿]
[08/30 有岡 光子]
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]