忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
塩山紀生氏がこんな亡くなり方されたというのがショック
先日ようやく『装甲騎兵ボトムズ』再放送で最終回見終わったところなのに。



さて表題の話。

天皇陛下の“退職”がいよいよ本決まりのようですが
これまたかなり揉めて決まった称号「上皇」。
ご存じの方も多いかと思いますが、「上皇」が登場するのは実に200年ぶり(光格天皇が1817年に譲位して以来)とのこと。

古代にまで遡ると、そもそも天皇には譲位の習慣はなかったらしい。
『日本書紀』によれば、最初に譲位したと言うより無理矢理させられたのが皇極天皇。史上2人目の女帝でもあります。この人が譲位した原因というのが、蘇我蝦夷・入鹿親子がクーデターで殺害されたあの乙巳の変なのですが、『日本書紀』によればその後「上皇」とかそれに類するような称号を名乗った記録がない。
なおこの皇極天皇、後に斉明天皇として重祚(もう一回天皇になる)した第1号でもあるという、見ように寄れば非常に注目点の多い人物なんですが、この辺を重点的に研究した本とか論文とか管見では知らない(^^;)

その後、譲位を行ったのが持統天皇。史上3人目の女帝であり、そして記念すべき「上皇」第1号です。当時は「太上天皇」というのが正式名称でした。
この人についてはかなり研究も進んでいまして、この譲位+太上天皇号もかなり政略的+戦略的な目的を持って行われたのでは?というのが有力な説となっています。持統天皇は天武天皇の皇后でしたが、産んだ子供は男子一人(草壁皇子)。しかも自分に先だって死んでしまいます。草壁皇子には女子2人男子1人の子供がいました。ほかにも天武天皇の皇子が大勢健在の中、何とかして自分の孫を天皇にしようとした持統天皇は天武天皇の死後2年も経ってから「中継ぎ」として自ら天皇となり、更に自分の目の黒い内にこの男子の孫を天皇(文武天皇)にして、自分は後見人として「太上天皇」という立場を新設して政治の実権を握り続けたと推測されています。

その後誕生した太上天皇は、すべて女性(元明天皇元正天皇)。男性初の太上天皇が、奈良の大仏で有名すぎる聖武天皇です。聖武天皇が何で太上天皇になろうとしたかという経緯は拙ブログのこの辺で書いております。
ちなみにもうひとつ興味深い話ですが、聖武天皇の娘・孝謙天皇は今のところ日本史上唯一の女性皇太子から天皇になった女性ですが、一度譲位して淳仁天皇に跡を譲った物の、史料(『続日本紀』)を見る限りでは「太上天皇」と言われた形跡がないのです。何かこの辺は色々事情がありそうなんですが、この辺を研究した論文とかも見たこと無いな(^^;)

この孝謙(称徳)天皇が亡くなった後は、光仁、桓武と以後は男性の天皇が江戸時代初頭まで続くわけですが、光仁と桓武は終生天皇位にあり、上皇になっていません。しかし、この桓武の跡を嗣いだ平城天皇は病気から突然譲位して上皇になってしまいます。その後は天皇の譲位は普通のこととなります。
特に摂関政治で藤原氏の勢力が巨大な物になると、若年、壮年の天皇が早々に退位させられることが頻発。
平安末期になり院政の時代になると、逆に天皇は適当なところで辞めて上皇になってやりたいほうだいやる状況が普通にヾ(^^;) ただ鎌倉時代以降は朝廷の権力が徐々に弱くなって上皇になってもやりたい放題やれなくなってくるわけですが…とくに持明院統(後の北朝)と大覚寺統(後の南朝)の系統が対立していた鎌倉後期には上皇が5人も同時に存在するという異常な状況になったことも。

そして、先述したように江戸時代後期の光格天皇が最後の上皇になります。
その後、江戸時代に天皇になった二人(仁孝天皇、孝明天皇)は譲位する前に亡くなったので上皇にはなってません。
明治時代には生前の譲位を禁止する法律が成立、法律上でも上皇は禁止

…になったのですが、平成になって高齢化社会が進み、今回の問題となったわけです。
今回は急なことだったので特別立法で何とか凌いだけど、この問題後々も起こるのは自明なんで、いずれは法律変えないといけないんでしょうね。

拍手[0回]

PR
前の話はこちらです。
ご興味のある方は「続きはこちら」をクリック御願い致します。
では。
※なお、一部お見苦しい点がありますが、20年近く前にネットにupされた物と言うことで、御了承お願い申し上げます<(_ _)>


拍手[0回]

前の話はこちら 



道鏡ネタでこんな話も書いてました。今から17年前。え?そんな経つのかシクシク
と言う事でご興味のある方は「続きはこちら」をクリックプリーズ
※なお、一部お見苦しい点もありますが、何しろ17年前の過去ログですのでご容赦お願いします(^^;)
 Web上での画像upとか技術的にいろいろ作業が難しい時代だったのですよ…



拍手[0回]

前回の話のついでに発掘してきた拙コラムです。
書いたの19年前。ひぇ~そんな昔か(○。○)…年は取りたくないトホホ。
では前回同様ご興味のある方は「つづきはこちら」をクリックプリーズ。


拍手[0回]

先日3/6(月)にBS-TBSで放送された『にっぽん歴史鑑定』を拝見。
というのもテーマが「道鏡は天皇になろうとしたのか」という、余りTVの歴史バラエティーのネタにならない物なので気になりまして。

拝見してビックリ
 解説が東大史料編纂所教授の本郷和人氏だった(○。○)
…このお方の専攻は古代史じゃなくて中世史だったはずなんだが…。テーマから見て京都女子大名誉教授の瀧浪貞子氏辺りが登場するかと思っていたんだが、予想が外れた。
と言うか本郷氏最近露出しすぎヾ(^^;)

番組内容に関して言うと、聖武天皇の遺言として「孝謙天皇が臣下を奴にしようと奴を臣下にしようと自由である(=だから孝謙天皇が希望する者を次の天皇にすればいい)」(「続日本紀」ばんない意訳)と言うのを出していましたが、これには実は「孝謙(称徳)天皇が”私はこれを父上の遺言として聞いたんだよ!!!”と言った」という前置きがありまして、私はこれは聖武天皇の本当の遺言ではないと考えています。だってこの“遺言”、「道祖王(※新田部親王の息子、天武天皇の孫)を次の皇太子にする」という聖武天皇死の直後の遺詔(遺言)と矛盾しますからね。
どうしても道鏡を自分の跡継ぎにしたかった孝謙(称徳)天皇が、父親の権威を使って道鏡即位に反対しそうな人たちを押さえつける口実として嘘ついたのではないかと。

あと、関係人物(光明皇后とか異母姉妹の井上内親王とか不破内親王とか)をはしょりすぎ。孝謙(称徳)天皇の後継争いにすごく絡んでくるんですけどね、このみなさん。まあ1時間の番組、しかも民放じゃ無理か。



さて、実は今から20年前に某掲示板で道鏡をネタに書いた拙論があったのをこの番組を見て思い出し、引きずり出してきました。
かなり拙い文だが、今改めて読んだら面白いことも書いてあったので恥ずかしながら再UPしてみます。
なかなか島津ネタが書き上げられないので、時間ウメというのは内緒ヾ(--;)

では、ご興味のある方は「つづきはこちら」をクリックぷりーず


拍手[0回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/31 やぶ椿]
[08/30 有岡 光子]
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]