忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
以前「今田新太郎も気になる。2」で、阪本芳直氏も石原莞爾と今田新太郎のつながりがいつから始まったのか調べたが分からなかった、との旨を書いたのだが、

検索していて非常にアヤシイ記述を見つけた。もしかしてこれか?
锑子君ノ懇切ナル御骨折一一対シ押火様、今田新太郎君及ビ五月十三日綈子君ノ御
手紙ロロ「戦争カ平和カ」到着。帯伯林人士ノ遊覧所也。
http://books.google.co.jp/books?ei=7AeCUZeuMsaOlQXaq4C4Ag&hl=ja&id=zLvTAAAAMAAJ&dq=bibliogroup%3A%22%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E8%8E%9E%E7%88%BE%E9%81%B8%E9%9B%86%22&q=%E4%BB%8A%E7%94%B0#search_anchor
これ、『石原莞爾選集2 ベルリンから妻へ』の一節。
つまり、莞爾がベルリンに留学させられてた大正12年(1923年)には既に今田新太郎と莞爾の間に接点があったということになる。

どうやって知りあったのよヾ(^^;)

なお、今田新太郎は東京出身ですが、陸軍幼年学校は仙台幼年学校に通ってました。ので莞爾の後輩という事になります。



<追記>
上記の文章の確認のため、『石原莞爾選集2 ベルリンから妻へ』取り寄せてみました。
(大正12年)六月二十一日
(中略)
押火様、今田新太郎君、及ビ五月十三日テイ子君ノ御手紙□□「戦争カ平和カ」到着
(以下略)
p.118
おおむね間違いないようです。
なお、この他に今田が出てこないか読んでみたのですが、どうも出てないっぽい。しかも、この後ご存じの関東大震災があり、莞爾は親戚や友人いろいろのことを案じているのですが、その中に今田のいの字も出てこないので、この頃はまあそれくらいの間柄だった、ってことでしょうね。

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
はじめまして
はじめまして、こだまと申します。
数年前より今田新太郎という人物に興味を持ちまして、久しぶりにWEB検索をかけてみたところ貴宅のブログにたどり着きました。
今田と石原とがどのような接点で知り合ったのだろうかと疑問に思っておりましたが、
記事を拝読して大正時代から知り合っていたことを初めて知ることとなり、大変驚いております。
勉強になりました。ありがとうございます!
こだま 2013/06/21(Fri)14:08:57 編集
こちらこそはじめまして
こだま様初めまして。
今田新太郎という人物に興味を持って下さっている方が他にもいて、ちょっと安心しました(汗)

今回の話を見つけたのは、本当に偶然です。
見つけた当の私もビックリでした。

今田新太郎の話はもうちょっと続きそうです。おつきあい下されば幸いです。今後とも宜しく御願いします。
ばんない 2013/06/23(Sun)00:48:35 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]