忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
アクセス履歴をたどっていったときに偶然見つけた物なのだが
新城島津家は寛永13年(1636)垂水島津家四代久信の二男久章を初代として創設されました。太守家久娘を室とし化粧料一千石をもらい祖母(新城様)の三千七百石をもって四千七百石で新城家が創設されました。家久は娘婿の久章に国家老や大番頭の重職に就かせ,義兄弟にあたる光久の信任も厚く、寛永16年光久の名代として将軍家へ年頭の挨拶の為江戸へ出発しましたが登城せず,家老達の必死の説得により将軍に拝謁しました。その後帰国を命じられ、谷山清泉寺で殺されました。新城島津家は一代にしてお家断絶となり50年後長子忠清に継がせました。13代久治まで続き明治2年私領を返還しました。その後は末川家を名乗り現在にいたっています。
(後略)
http://www.tarumizu.info/spot/history/60/
いくつか疑問点があるのだが
家久は娘婿の久章に国家老や大番頭の重職に就かせ
島津久章が家老とかに就任した事ってあったっけな?(゜_。)?(。_゜)?
寛永16年光久の名代として将軍家へ年頭の挨拶の為江戸へ出発しましたが登城せず,家老達の必死の説得により将軍に拝謁しました。
1624年(寛永16年)に島津光久の名代で江戸に行かされたのは諸史料にもあり事実と思うが、その後の経緯については確か諸説紛々だったと記憶しているが…なおこの紹介文では省略しているが、帰国を命じられたのは「登城せず」に原因があったのではなく(そもそも久章が登城をサボったのかどうかも諸説あり)、帰国途中の京で失踪し高野山に逃げ、そこで捕まって強制的に帰国させられたのだ(「薩藩旧記雑録 後編6」)。
新城島津家は一代にしてお家断絶となり50年後長子忠清に継がせました。
50年後じゃなくて8年後でごわす…(1645年(正保2年)断絶、1653年(承応2年)再興)

その他おまけ
省略した箇所に関する感想です

新城末川家の現在当主の方
以前拙ブログのコメントかどこかで聞いたことがあるのだが、この人のことだろうか。早すぎる社長退任とか何かご先祖様???の運命とかぶる物がありますが。
16代義久の娘、(おひら)の子忠栄
この人が、なかなかの問題児だったことは拙HPのこの辺などで触れた。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
ばんない様

前にコメント差し上げた末川です。社長を退任された方は、江戸中期に垂水家からの分かれです。

社長の家とよく間違われます。家紋が違い、拙宅は丸十の変形ですが、あちらの方は二階菱です。

間違いの原因は垂水市史にあります。家内の祖父が、執筆者の方に文書を見せなかったので、市史は正確さを欠きます。迷惑しています。

歴代の中で、家老になったのは、七代の久備だけです。初代の江戸での動向もよく分かりません。ただの球磨の相良家の騒動に関係しているような
感じもします。

久章兄の久敏の母親は、後で相良家に嫁ぎます。垂水市の久敏の墓の戒名は、垂水市史料集では久章の戒名です。現在風化しているので墓石から読みとるは不可能です。

御家の再興ですが、二代の時には、家は再興されますが、新城を所領としていません。新城を取り戻した時を新城家再興というのか、二代の時を再興というのか難しいです。ただ、市史の歴代の没年等は、いい加減です。

市史では二代から末川を名乗っています。家臣の子孫の方々は、先祖は新城島津家に仕えていたといっています。

黎明館の方では、区別するため新城島津(末川)
家と紹介しています。

今後とも零細分家の拙宅を、貴ブログで話題にしていただければありがたいです。
末川 2015/07/27(Mon)14:48:00 編集
補足ありがとうございます
末川様お久しぶりです。

また、補足ありがとうございました。某社元社長は垂水島津家分家の出身でしたか。
ご指摘の様に、新城島津家は「島津」名字を名乗ることを許されていたにも拘わらず、明治維新後に「末川」に改姓してしまいます。そのことに言及した論文とか史料を管見では見つけられていませんが、拙ブログでも言及した様ないろいろな確執が積もり積もった末の行動だったんではないかなあ、と私は勝手に推察しています。

また久章の家老就任の有無や、新城島津家の私領変遷についてもコメントありがとうございました。

今後も拙HP+ブログを宜しく御願い致します。
ばんない 2015/07/28(Tue)09:55:48 編集
新城垂水家
残暑お見舞い申し上げます。
コメントありがとうございます。
ひょんなことから義久の3姉妹を追いかけて
数年前墓所にも参拝を。
手元に史資料が少ないので四苦八苦です。
ま、謎解きを少しずつ。。
16日は加治木の太鼓踊りです。
加治木島津家墓地も参詣したいですが
日当山温泉からサイクリングがてら。。
雨だと難しい。。わ。
今井より URL 2015/08/13(Thu)19:47:42 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]