忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
私は他の番組を見ていたので、詳細は不明なのだが

大化改新 隠された真相
645年に起きた古代史最大の事件「大化改新」。『日本書紀』によれば、天皇を脅かす権勢を誇り、改革の障害となっていた蘇我入鹿に対する中大兄皇子や中 臣鎌足のクーデターとされている。しかし、事件の舞台となった都・飛鳥(奈良県明日香村)で次々に発掘される遺跡は、史実とは異なる真相を物語りはじめ た。
現在、昨年に引き続き、甘樫丘で蘇我入鹿の邸宅跡が発掘調査されているが、これまで発掘された蘇我一族の邸宅跡、飛鳥寺など関係する遺跡を総合すると、自らが盾となって都を要塞化し、あたかも王権を外敵から守ろうとしていた蘇我氏の側面が明らかになってきた。
その要が、飛鳥の入り口に位置し、都の外を一望できる甘樫丘だ。渡来系ともいわれ、大陸に情報ルートを持っていた入鹿は、巨大帝国・唐が倭国に侵略の矛先 を向けていることをいち早く察知、脅威に備え飛鳥の防衛網構築に力を注いだ。その一方で、古代日本の海の玄関であった大阪・難波を整備し、東アジア諸国と 協調路線の外交を繰り広げようとした。それなのに何故、入鹿は殺されなければならなかったのか?
さらにクーデターの後、中央集権的な律令国家を目指して行われたという大化改新の政治改革についても、『日本書紀』を古代中国語の音韻・語法から分析する最新の研究などから、その内容の信憑性に疑いが向けられ始めている。
一体、「大化改新」の真相はどこにあるのか?番組では、要塞都市としての飛鳥の全貌を浮き彫りにしながら、大化改新の隠された真相に迫る。

上記の番組説明をざっと読んだ限りでも、「蘇我入鹿=善人、”大化改新”側=悪人」という、善悪二分論によって話が展開されているように見受けられ、大河ドラマならともかくヾ(^^;)「NHKスペシャル」というドキュメンタリー枠番組としては問題があるように思われる。

また、実はかなり前から出ていた論を、まるで最近出てきたかのような新説として取り上げているのにも問題がある。

取り上げた人物が蘇我入鹿、中大兄皇子、中臣鎌足だけというのも問題だ。学習院大学の遠山美都男氏らが”大化改新”キーマンとして以前から指摘している孝徳天皇、蘇我入鹿の親戚である蘇我倉山田石川麻呂などはいないに等しい扱いか(苦笑)

こりゃ、ドキュメンタリーでも検証番組でもない
単なる創作ドラマだろ

そしてやはり、ネット上で感想をちらちらと見ている限りでは
非常に、評判は悪い
その一方で、こんな今更な説の再構成番組を「さすがNHK!」と見事に引っかかった賞賛する人も多い。こういう人が先日のなっとー騒動に引っかかったんだろうな
ブログの検索結果

その問題多き番組の一端を、ある有志の方がHPにまとめてくれていた!
(仕事が速いですね…)
Nスペ 捏造!白村江の戦い
…確かに駄目だこりゃ
確かに「冬のソナタ」など韓国ドラマや韓国ソフト無しでは成り立たないと言う、日本の国営放送としてあまりにも恥ずかしいお粗末ぶりを晒し続けている、昨今のNHK。中国の経済発展はやたら目鱈賞賛を持って伝えて、その裏で起こっている問題はほとんど報じないNHK。
でも、韓国・中国へのこび売りを古代史にまで広げる必要はないだろ!

<追伸>
二重投稿になっていたようです。お見苦しいところを見せまして申し訳ございませんでした<(_ _)>

夜11時頃の投稿は鬼門なのかな>fc2ブログ

<追伸2>
2007年2月6日に大幅に加筆しました。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
[03/07 ばんない]
[03/04 書き人知らず]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]