忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
「日新菩薩記」”政道仁慈之事”より。

諸侍に於て御制禁の事、額上を荒蕪し、口内を濺がず、牙歯を黒めず、爪上を研かず、座中の起居閾(しきい)を履み(ふみ)、御門の出入謹まず、戯笑言語し、威儀胆如たらざる侍、出仕停止ある事。節々殊更に歳十八九、弱冠の人々、額を広め、鬢髪を取り、山寺の栖居を嫌疑する輩に於いては、御折檻其の父に帰して、甚しきを以て、其の父も又親子の機縁を放捨する故に、寺社の住居朞月(きつき)にして鬢毛を起て額を直し、本の如く、粧成りしてより、御赦免出仕ありつ。

あまり直接政道とかと関係なさそうなんだが、ようは「お侍さんの身だしなみについてもうるさいよ!」というお話。

月代の手入れをさぼる奴+歯磨きしない奴(これは私も嫌だ)+その後お歯黒忘れる奴は、日新斎おじーちゃん的には最低の侍だったようです。…つまり、島津四兄弟も笑えばお歯黒…戦国時代ファンの夢を壊してごめんね
敷居を踏む奴は駄目というのは今でもいわれますね…去年の大河に出てきたおじーちゃんの末裔に言ってやって下さいヾ(^^;)。あとおしゃべりが好きな奴も駄目みたいだ…私は駄目だぁ_| ̄|○

後半は18~9歳ぐらいの若い侍のことについてのようなんですが、どうも早々と月代を剃ってしまう若侍はおじーちゃん的にはダウトだったようです。「山寺の栖居」…「お前らも俺の若いときのように山寺で修行しろ」と言うことなんかな。でもこのように注意していると言うことは、嫌がる若侍が多かったんでしょうねぇ。昔の人も『ファンシイダンス 』の世界はいやだったって事かヾ(^^;)しかし、直接若侍をしかるんじゃなくて、その親をしかりつけるとは、おじーちゃんなかなか悪じゃのうヾ(--;)


拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]