忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
11首目は島津義弘の妻・宰相殿への追悼歌でしたが、ほぼ詞書きも含めて同文のものが慶長12年の項(「薩藩旧記雑録」後編4-322)に出ています。同文なので再掲はしませんが、日付が入っている点だけが異なっており、「慶長十二年二月十五日」となっています。



この史料の前後に、宰相殿死去に関する他の史料も掲載されています。和歌はありませんがヾ(^^;)興味深い物を2点ほど。
「家久公御譜中」
慶長十二年二月朔日、家久之母堂逝去、法号実窓芳眞大姉、家久哀傷之余、三日断水穀、
(「薩藩旧記雑録」後編4-320)
さすがの家久(忠恒)も実母の死はショックだったのか絶食したらしいです。といっても「親が死んで3日絶食プレイ」というのは中国の史書にはよく出てくるテンプレだったようなヾ(--;)
「古御文書御軸物十番箱中」「家久公御譜中ニ在り」
以上
御状令拝見候、仍御母儀様御遠行候由、扨〃沙汰之限御朧気之段、無是非次第共御座候、将亦大御所様御上洛之者へ申入候、恐惶謹言
(慶長十一年)                      羽左衛門大夫
五月廿七日                             正則(花押)
羽柴陸奥守様
御報
(「薩藩旧記雑録」後編4-359)

「羽左衛門大夫正則」は分かる人にはすぐに分かったと思いますが、福島正則のことです。宛先の「羽柴陸奥守」というのは島津家久(忠恒)のこと。豊臣秀吉は生前自身の権力基盤の強化を兼ねたものか、「羽柴」苗字を諸国の大名に配り(押しつけ)まくりました。関ヶ原の合戦後はほとんどの大名が「羽柴」苗字の名乗りをやめてしまったのですが、福島正則は慶長十一年時点でも「羽柴」苗字を名乗っていたこと、また他大名への書状の宛書きも「羽柴」苗字を使っているのは興味深いところです。        

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]