忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
天正18年5月28日頃に詠まれた物です。
実は長い前置きがあるのですが、それは後回しにして先に歌の方を紹介します

「在御文書方」
右され歌の返歌、
 夏衣うすきおもひをぬき捨て
  あしのほわたをたのめ行くすゑ
「此文書、正文在国分衆伊地知作左衛門トアリ」

(「薩藩旧記雑録」後編2-661)
「夏衣うすきおもひをぬき捨て」は「夏の着物のようにうすーい思いを捨てて」という事なんだろうが、
「あしのほわたをたのめ行く末」がちょっと意味が分かりにくい。
あー、わたしは龍伯様の足元に及ばない歌心のない人間であった(;¬_¬)

前置きは続きにて

では前書きです。

 猶々申候、彼若衆只今参候、かさも無之見事さハいまもたゝならす候、日本国大小神祇非偽候、早〃御出候へく候、於御油断者、沙汰之かきりたるへく候、但御届ハ此分候、於無御出者、意斎両人申談盃可給候間、向後不可有御恨候、無御返事間ハ、八幡之さかつきのミ不申相待申候、早〃御返事可承候、此者一度ニ早〃御出可給候、かしこ、

追而令申候、仍昨日内〃御物語申候、かさかきの若衆至当所来候、かさもこれなく、こと\/くなをり申候、弥若衆あかり申候、盃きこしめし度候ハヽ、只今不移時刻早馬ニめし候て、小者一人之躰にて、早〃可有御出候、念者之ある若衆にて候間、承者如何候之条、不被及沙汰、可被懸御意候、為其令啓候、以使者可申候処ニ、路次遅候てハと、乍聊尓以飛脚申候、恐〃謹言、
「天正十八年」
巳下刻                       「龍山公」
 五月廿一日                  東入道
                            山(花押)
                          意室
                            経(花押)
                龍伯
                  

要点だけまとめると
「以前から言ってた男の子が来たんだけど、実際見るとすごくいいよ!早くこっちに来ないと後悔しちゃうよ!」
…ではないかと(間違ってたらご指摘宜しくお願いします)

しかし、こういうばかばかしい事(失礼)のために八百万の神に誓いたててみるとか、飛脚で連絡するとか…近衛前久(=龍山)ってこういうネタが大好きなんだろうな…


関連日記 こちら 但しこの前後に前久邸に行ったという記録はないようだ
しかし義久も前久の悪口は言えない… こちら参照

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
衆道文化は公家の方が先輩ですから^^;

この間、大河関連のサイトで藤原頼長の日記の話が出てたんです。
そしたら頼長がタイプの殿方をゲッツするために陰陽師に祈祷させてたって・・・ストーカー?(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

こういうことに八百万の神を持ちだすって、
「ちょっとマジモードで、俺ってクールじゃね?」

って感覚かなぁ~~と想像してました(*´pq`)クスッ゚
拍手☆
時乃栞 2012/05/13(Sun)12:28:31 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]