忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
先日見た『ケロロ軍曹アンコール』での“闇鍋ごっこ”に出演していたナベベ闇鍋奉行様。
着用していた裃に付いていた家紋がしっかり丸十の島津家の物だった⊂(。Д。⊂⌒`つ
うーむ、何か意味があるのだろうか…。


上の話は小ネタ(^^;)

さて、時々BS-TBSで月曜夜10時に放送している「The ナンバー2」を見ている。
中味は考察をきっちりしている系の番組ではないのだがヾ(^^;) まあ民放の情報番組にそこまで期待するのは無理かと
一般的にはマイナーな人物もたまーに取り上げているのが評価できます。

先日2/13放送分は「豊臣秀吉のナンバー2 北政所おね」だったのだが、そのなかで気になるお話が紹介されていた。
秀吉が北政所によく手紙を書いていたのは有名な話だが、天正15年に島津氏を下した後に送った手紙にはこういう事が書いてあったらしい。(録画してないのでうろ覚えなのはご容赦下さい)

1.島津義久の15歳の娘が上洛する予定です
2.その他家臣からも7,8人ほどの人質が上洛します
3.義久の弟の義弘も15歳の息子を上洛させる予定です
4.義弘は他に8歳の息子も上洛させる予定です

番組によると、この手紙から北政所は諸大名の人質管理という重大な役目を負っていたことが分かると締めくくっていた。
なお、簡単に解説すると
1.の「義久の15歳の娘」とはご存じ島津亀寿のこと
2.には樺山忠助の息子・規久などがいたかと
3.は年齢にママがあるが島津久保のことだろう
4.は年齢差から見て義弘の四男・喜入萬千代丸だろうか

さて、私、実は寡聞にして上で紹介した秀吉の手紙、見たことがないのである(^^;)
「薩藩旧記雑録」には当然収録されてない。この本とか見たら載ってるかな。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
妙満寺文書
紹介の秀吉書状は「妙満寺文書」といい、桑田忠親『太閤書信』(東洋書院)に収録されています(59号)。
この本、最近、講談社学術文庫で『太閤の手紙』として再刊されました。入手しやすいはずです。

この書状には、中書家久に薩摩・大隅両国を云々という曰くありげな一節あり。

ついでにすみません。2度ほど、樺山玄佐夫妻の件でメールしていますが、届いていますか?
桐野 2012/02/19(Sun)17:57:03 編集
妙満寺文書
桐野さん、ありがとうございました。
講談社学術文庫ならかなり入手しやすいですね。是非読んでみます。何か気になる文章も混じっているみたいですし。

メールですが、もし2/7日前後に送信して下さっている場合は、エラーで到着していない可能性があります。
ばんない 2012/02/20(Mon)00:23:35 編集
初めまして
最近拝見するようになりました。後北条と今川を主に調べているので、島津氏の記事は比較例としてとても参考になっています。

現在、天正3年に北条氏政が実母の危篤を理由に自身の出馬を中止した理由を考えていますが、正室が人質管理をしていたという情報で考えがまとまりました。当主かその正室、または元当主とその正室のみが本城で人質を管理していたのでは……という方向で考えてみようと思います。情報ありがとうございました。
高村 URL 2012/02/25(Sat)12:45:17 編集
無題
高村様初めまして。
リンク先の貴HPも拝見させて頂きました。後北条氏(小田原北条氏)のことは恥ずかしながらほとんど知らないので、合間を見ながらゆっくり読ませて頂きます。

北政所(高台院)が人質管理をしていたらしいという説は、ご存じの通り私が考えた物ではありません。島津氏では正室が人質を管理していたという明確な史料を今のところ見いだせないので、これは北政所独自の役割なのかも知れません。

今後とも拙HP+拙ブログを宜しくお願い申し上げます。
ばんない 2012/02/27(Mon)00:48:12 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]