忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
拙ブログ関連記事  

マラソンで例えて言えば「42kmまでトップをキープしていたのに、残りの0.195?で第4グループにいた選手に1位取られた」ぐらいの感覚でしょうかヾ(^^;)
政府が西洋美術館本館を世界文化遺産候補に推薦へ

政府は14日、近代建築の巨匠とされるフランスの建築家、ル・コルビュジエ(1887〜1965)が設計した国立西洋美術館本館(東京・上野)について、 世界文化遺産への登録を推薦することを決めた。フランスやスイスなども自国にあるコルビュジエの作品を推薦する予定。平成21年の世界遺産委員会で可否が 審議される。登録されれば、複数国にまたがる個人の作品群としては初の世界遺産となる。

西洋美術館本館は地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、柱だけで構成される1階▽らせん状の回廊▽陸屋根▽展示品の増加に伴い増床できる平面計画−など、コルビュジエの「限りなく成長する美術館」構想をよく表しているとされる建築物。

第2次大戦後、フランスに接収されていた美術品が日本に返還される際、受け入れ施設として昭和34年に建設された。

コルビュジエ設計の建築物をめぐっては、フランスが昨年、自国の13作品を「国内暫定リスト」に入れ、世界遺産登録に向けた準備を日本やスイス、ドイツなどに呼び掛けていた。最終的な推薦書はフランスが7カ国分計23作品をとりまとめてユネスコに提出する。

個人の作品群の世界遺産は、「アントニ・ガウディの作品群」(スペイン)が有名だが、複数国にまたがる例はない。

コルビュジエはスイス生まれのフランス人で、集合住宅「マルセイユのユニテ」(フランス)や「ロンシャンの礼拝堂」(同)、インドの都市計画「チャンディガールの建築物群」など多彩な作品で知られる。
(2007/09/14 22:06)
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070914/wdi070914012.htm
他関連ニュース検索結果 こちら

ユネスコでも発言力のあるフランスが旗振り役と言うことは、先に日本政府が推薦していた富岡製糸場とかよりこっちが先に登録されそうですね。ということは、先に推薦していた方はかなり頑張らないと登録はかなーり先にずれ込みそう。

ところで、コルビュジエはテレビ東京「美の巨人達」に出てくる「モデュロール兄弟」の生みの親?としての方が知名度が高いかも知れない(^^;)。
ついでに「コルビュジエ」の発音も難しいし、実は今書いているキータイプもなんか面倒なんですがヾ(^^;)

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 高級ブランド時計コピー]
[08/31 やぶ椿]
[08/30 有岡 光子]
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]