忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
アクセス解析中に偶然発見。
shimadzu-tsuruchiyo.jpg








19代島津家当主光久息女・鶴千代の肖像画


かなり珍しい物です。
何が珍しいかというと、島津氏は他の大名家に比べて肖像画のたぐいが余り残っていません。江戸時代の当主ですら、19代当主・光久から24代当主・重年までの肖像画は一枚も未発見なのですから。ましてや、女性の肖像画、それも江戸時代の初期にさかのぼれる物は貴重なのです。

この鶴千代というのは光久の13女(母親の名前は「家女房」とされ不明)で、兄の忠長の養女となり頴娃久明なる鹿児島藩家臣の妻となったが後に離婚、その後は兄の領地である都城で余生を送ったという人物。最も、兄の忠長も子供無く早死にした人物で、他に都城に鶴千代姫の血縁はおらず、肩身の狭い余生を送られたのではないかと思われます。

顔…ピンぼけと劣化で分かりにくいが、下膨れでおかめ?ヾ(^^;) この頃もおかめ顔は美人なんだっけな?

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[01/04 時乃栞]
[11/21 ばんない]
[11/21 ばんない]
[11/21 ばんない]
[11/19 書き人知らず]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]