忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
今田さんの方の優先度を上げちゃおうかしらんヾ(--;)



前回(石原莞爾が気になる。11)の元ネタ論文を見ていたときに気になったのだが
石原は北満開発とその意義について「国防のためにも、東亜連盟のためにも、北満の事業はその基礎事業を為す物である」と論じる。そして開拓地は、先住民の物を買収するのではなく、民族共和・王道楽土の建設のために「本当の未墾地を拓いて」いかなければならないと主張する。またこの未墾地に軍隊が「新しい生活様式を生みながら国防の第一線に立つと、開拓民の生活も、簡易剛健、而も快適な真の日本民族、特に超非常生活に適するたるべき事は云うまでもない。この北満開拓の逞しい建設事業は同時に日本に於ける簡易剛健生活運動の前衛をなすものである。そうしてかかる気持ちで日本の農民が多数北満に移っていったなら満州国建国の精神である民族協和にも極めてようい作用をなすものと信じる」という。
http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/3194/1/so34-067.pdf (3-1章辺り)
※下線は当方補足
これ読んで思わず屯田兵思い出してしまったのは私だけでしょうか。いろいろ戦史研究をしているらしい莞爾ですが、屯田兵は研究したことあるんだろうか。

なお、参照にした論文の続きを読まれた方はご存じでしょうが、かいつまんでまとめると
その後莞爾は当時在職していた第16師団をこの東亜連盟思想で洗脳鼓舞し、満州へ派遣させようとしたようなんですが、当然東条英機に目を付けられるところとなりまして、莞爾は予備役編入、第16師団の満州派遣も中止となってしまいます。そりゃそうだろ(^^;)

おまけ
この師団長時代に、あの悪名高い戦陣訓が東条英機により訓示されますが、莞爾は「こんな物読んでる暇あるなら他のこと勉強した方がマシ」と戦陣訓を禁書扱いにしたとかどうとか

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]