忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行って参りました。 公式HPはこちら
混んではいたけれど、外に待ち行列が出来ていると言うことはなく、助かりました。

以下感想など

拍手[0回]


・「細川家代々の宝物」の展覧会かと思っていたら、だいたい半分ぐらいが大正~昭和の当主・細川護立氏のコレクションだった…つまり近代絵画とか中国美術が多かったり。ちょっと当てが外れたかな(これはこれですごい、というかこっちの方が国宝や重文に指定された物が多い)。
・実際に展示に出ていた物がかなり少なかったような印象。図録買わないつもりだったが買って正解だった。
ちなみに¥2500だったかな。
・図録の中の細川家の歴史の説明…細川藤孝・忠興親子のびみょーな仲とか(^^;)、江戸中期の当主・細川宗孝が人違いで殺されてしまったとか(○。○)…その辺の話はそっくり割愛されてましたな。こういう話が面白いのに(ヲイ)
・図録見ていたら、細川忠興伝説の銘刀?「歌仙兼定」が出ていたらしいんだが…見落としたかな?
・細川忠興・ガラシャ夫妻の三男である細川忠利の肖像画も拝見…ネットなどではすでに見て知っていたが、
 祖父 藤孝:丸顔
 父  忠興:長顔
 そして忠利:(^^;)
 つまりだな…息子は母親に似るとも言うし、ガラシャの顔はごつい岩女だったんだよ!(すみません)
・古今伝授関連の展示、意外に多かったです。文書ばかりではっきり言って地味だからなーヾ(^^;)うちとこの義久(をい)もこんなの使って伝授されたのかいな?
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[06/28 Albertbaw]
[05/19 春山]
[05/06 桐野作人]
[04/08 AnthonyFueta]
[03/15 DanielPlery]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]