忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
以前本屋で立ち読みして気になっていた雑誌のバックナンバーを取り寄せたでござる。
『婦人画報』2018年2月号なのだが(^^;)
…何で私がこんな似合わないおセレブな雑誌を入手したかというと、「西郷どん」関連特集を組んでいたから。もっと細かく言うと「西郷どん関連でなぜか津田梅子の後裔が登場していたから」
「倒幕の士・西郷どんの関係で、何で旧幕臣の後裔・津田梅子が登場???」
と疑問に思われたあなたは私と同志(^^;)
実はこの雑誌を改めて精読して分かったのだが、津田梅子の孫娘(正確に言うと養子の娘なので義理の孫になるわけだが)が結婚した相手が西郷どんの曾孫(西郷隆盛次男・寅太郎の孫の一人である隆晄氏)で、結局この孫娘の産んだ男子の一人が津田家の養子になったという次第らしい。その御養子というのが現在大阪芸大教授で写真家の津田直氏で、確かに公式HPを見ても簡単に経歴が紹介されている。
津田梅子と西郷どんが親戚になっていたとは驚きました。ちなみに西郷寅太郎の妻は競馬で有名な武豊の親族なので、武家とも遠い親戚ということになります>津田直氏

…しかし、今回読んで一番驚いたのは
子供のころに暮らしていた家は、六甲山系の摩耶山(兵庫県神戸市)の麓にあった。
(p.120)
と言う話。ばんないちの無茶苦茶近所なのだが(^^;)



では、ようやく本題の話。
なお、前回のお話はこちらです。

「かまたり神社」でググってみた。
…何と兵庫県にもうひとつ「かまたり神社」があるらしい。
なお、前回は漁師さんたち渾身の?オヤジギャグの化身が神社と化した?代物だったがヾ(--;)今回は祭神は「藤原鎌足」。多可町は海に面していないので、イルカ退治とは関係なさそう。どうも本物の「鎌足神社」のようだ。
…いや前回の神社がにせものだ!というのではありませんので念のため<(_ _)>

ちなみに場所はこちらです。
いやはやお遊びで検索したのだが、こういう結果が待っていたとは。

ところが、更に地図を拡大してみると驚くべき結果が。
※ご興味のある方は「つづきはこちら」をクリック


拡大地図はこちら

…何と氷上町(現兵庫県丹波市)の隣接地だった。
ちなみに藤原(中臣)鎌足には氷上娘という娘と氷上真人塩焼と言う曾孫がいます。

<蛇足>
過去ログは探したのだが何しろうん十年前の代物なんで容易に見つからず_| ̄|○
もうちょっと頑張ってみる。

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 honda5]
[11/12 honda5]
[11/09 春山]
[11/04 耕運機]
[10/02 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]