忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
天正4年8月15日頃に詠まれた物です。

雪窓妙安大姉三十三回、ことし八月十五日にあひあたり侍りしハ、年季も是を限なれハ一入かなしさ身にしミとをり、時しもあれ、秋やハ人のわかるへきと、いひ置しいひしへをも思ひやられて、いとゝ露けき秋也、追善に広済和尚詩をつくり、手向給ひし其韻字を取て、試に一首をつらね侍るものなり、
                  義久
月にちるはゝその秋ハ程もなく雪に向かハん窓の山風
 「貴久公御夫人
  天文十三年八月十五日御逝去
  天正四年ニテ三十三回忌ニ当ル也」
(「薩藩旧記雑録」後編1-859)

読んですぐ分かるとおり、義久の母の三十三回忌に於いて詠まれた物です。なお、前書きでは広済和尚の追善漢詩があるはずなんですが、「薩藩旧記雑録」には収録されていません。

義久の母・法名雪窓妙安大姉は、北薩の国人・入来院重聡の娘。島津貴久の後妻となり、義久、義弘、歳久を生みますが、若くして亡くなったようです。なお、一般的に三十三回忌を区切りとするため、とりわけ惜別の情を以てこの一首を詠んだようです。
…まあこんな和歌を詠んでいるから、マザコンなんて言われたりするわけですがヾ(^^;)

参考
義久とーちゃん・貴久への追悼歌 こちら こちらも

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
入来院~いつかやりたいと宿題になってる^^

鎌倉時代から、ポツポツ島津家から室を迎えてるみたいですね。
まだ系図が脳に浸透してないんですが、
貴久は肝付から室を迎えてて、
入来院の14代目生母が肝付兼興娘だったはずだから、

島津・入来院・肝付は縁戚関係になる・・・はず?
まだマイデータベース未完成で時系列がゴチャゴチャです。
違ってたらすいません^^;
時乃栞 URL 2012/12/16(Sun)01:50:10 編集
島津+入来院+肝付
時乃栞様コメントありがとうございます。

>鎌倉時代から、ポツポツ島津家から室を迎えてるみたいですね。
あ、そうなんですか(ヲイ)。その辺まで系図見てなかった…今確認しようにも本棚崩壊して系図のコピーがどこにいったものやら(汗)

>貴久は肝付から室を迎えてて、
その通りです。但しすぐ亡くなったようです。その後にきたのが、この記事でネタになった義久・義弘・歳久の母です。
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com/ki/kimotsuki-kaneoki-musume2.htm

>入来院の14代目生母が肝付兼興娘だったはずだから、
>
>島津・入来院・肝付は縁戚関係になる・・・はず?
あ、そうなんですか。その辺まで系図見てなかった(以下略)
ばんない 2012/12/17(Mon)00:33:59 編集
超時空縁戚(爆
二代目の息子と六代目と八代目の室が島津氏です。
島津氏の誰の娘かまでは、自分じゃ無理( ̄◇ ̄;)

14代は天正11年没だから、貴久とは縁戚としては被らないかな?

本棚崩落しましたか。
何やら年末の大仕事になりそうですが、
頑張りすぎて腰を痛めないようにして下さい〜( ̄◇ ̄;)
時乃栞 2012/12/17(Mon)02:34:54 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
[03/07 ばんない]
[03/04 書き人知らず]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]