忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
先日時代劇専門チャンネルで「暴れん坊将軍Ⅲ500回記念スペシャル」を放送していた。
内容は…

薩摩藩に不穏な動きありとの情報を得た吉宗(松平健)は、3人の隠密を現地へ向かわせるが、誰一人として戻ってこなかった。その頃、吉宗は目安箱の近くで 若い娘(栗田陽子)が襲われているのを目撃し、旧知の浪人・結城一真(勝野洋)の助力を得て彼女を助けた。だが、その娘は重い労咳にかかっており、吉宗に 一通の書状を託すと息を引き取ってしまった。その書状によると、娘・奈美は琉球人で、3年前に将軍家への献上品を持った琉球国王族一行に加わり国を出た が、一行は薩摩藩で何者かの襲撃を受け、男は皆殺し、女は江戸・吉原へ売られたという。早速、吉宗はこの件を調べさせるためにお庭番の才三(五代高之)と 梢(高島礼子)を薩摩へ向かわせる。そして数日後、吉宗は、奈美を探しに江戸へやってきた妹の留美(柏原芳恵)と出会うが……。

だったそうだヾ(--;)
実はこんな長時間のドラマ見てる暇無かったので最初だけちらっと見て消してしまったのよん。

それにしても、思うに、薩摩藩とか島津家がらみのドラマって
・琉球王国から絞り上げてたのがばれて成敗される
・密貿易がばれて(以下略)
・幕府転覆の陰謀が(以下略)
…のパターンが多いような。
というより、他のパターンの方が珍しいかも知れない。 ※珍しいパターンの物 こちら

今まで制作された薩摩藩がらみ時代劇のうち、上記のパターンに当てはまる物どれくらいあるんだろう。
調査したら面白そうだけど…「メディアで作られる歴史イメージの一環」とかなんちゃって。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
夢じゃ、夢じゃ、夢でござる
柳生一族の陰謀を数年前に地上波放送したのを視聴します。
痛快娯楽時代劇が大好きなんです。

桃太郎侍や金さんシリーズ、黄門様、銭形平次、必殺、江戸を斬る、以外略〜
なども小学生の頃から再放送を繰り返し視てました。
中途半端な時代考証されるより、あのくらい徹してくれた方が楽しいです。
時乃栞 2012/06/29(Fri)16:47:43 編集
携帯からなので
入力ミスすいません(; ̄O ̄)
ノリで察して下さい(; ̄O ̄)

暴れん坊将軍で、竹姫と吉宗のプラトニックLOVEの回があって、
陰謀が絡まない薩摩が出ますね。
その代わり、竹姫が嫁ぐラストシーンに家紋がチラ出るだけど、(; ̄O ̄)
篤姫は、突っ込みどころ満載だけど、
それなりに楽しめたのは、原作の力かなと思います。
もっとも、かなり原作改変されてたらしいですけど(; ̄O ̄)

最近は面白い時代劇なくて寂しいです。
秋ドラマと新春映画でやる、逆転大奥に期待してますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
時乃栞 2012/06/29(Fri)17:02:30 編集
時代劇
コメントありがとうございます。

>痛快娯楽時代劇
痛快かどうか分かりませんが、近年ので強烈だったのは『茶々 天涯の貴妃』でした。秀吉:渡部篤郎、家康:中村獅童 というミスとしか言えないキャスティングも含めて最初から最後まで大爆笑させてもらいましたヾ(^^;) 一応、原作井上靖という文芸大作だったらしいのですが…
確かに中途半端に考証されて「私は史実に忠実に作ってますよーだ」という顔されるより、開き直って暴走してくれる方が見てる方は面白いですね(^^;)

>『篤姫』
多分宮尾登美子の作品がNHKでドラマ化されることは二度とないかも知れませんな
あのドラマは小松帯刀がヘタレにされているので、未だに許せません(-_-#)

>最近は面白い時代劇なくて
というより、民放では時代劇枠自体が全滅してしまいましたからねー_| ̄|○
ばんない 2012/06/29(Fri)23:07:23 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]