忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
取りあえず、拙本家ですが、関ヶ原訪問記の骨の部分はやっと完了しました。
…まだ番外編残ってるけど(^^;)

さて、上石津町の「豊久の墓」といわれる物について一応「本物」説で考証したのですが

書いている内に、上石津町の皆様、及び豊久奉賛会の皆様、そして日本全国100万人はいるだろう豊久マニアヾ(^^;)の皆様にはお見せできない妄想が…

それは


「上石津町の豊久の墓なる物自体、三輪孫大夫の妄想が作り上げた代物なんじゃないか?」
という考え。
その理由は
  1. 島津義弘を案内したはずの小林正祐に関する情報が、肝心の薩摩側の当時の覚え書きに全く出てこない
  2. その小林家自体も、寛政元年に鹿児島藩から督促があって、初めて先祖が島津越えに関わったことを知り、三輪家に連絡を取ってきた
  3. 三輪孫大夫は小林家に覚え書きを送った後も、何度か小林家と直接連絡を取っている。この時のやりとりの内容は何故か孫大夫の「一件覚日記」には書かれず、不明。…もしかして口裏合わせではないのか?
  4. 豊久の菩提寺であるはずの瑠璃光寺の住職自体が、寛政5年に三輪孫大夫にこの件で書状をもらっている。ということは、それ以前は豊久のことを何も知らなかった、ということになるのではないか。境内に墓があり、大きな位牌もあるのに?
  5. 孫大夫の覚え書きに「夢のお告げにより私が寺を再建し供養をした」という話が頻出する
…ただ、上石津の一介の庄屋の末裔である三輪孫大夫が「私が豊久の墓を建てた人の子孫ですよ~」…と主張しても、豊久ファンが多数いる今ならともかく、江戸時代の、しかも旗本領の住民では全然メリットなさそうなので、この点を考えると、孫大夫の”かまし”ではない、と思うのですが…。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
[03/07 ばんない]
[03/04 書き人知らず]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]