忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
文禄元年6月頃に作られた物です。
「義久公御譜中」
「此本在御文書方」
名護屋にて詠之、子細あり、
千種さく野辺の中にもむらさきの
いろむつましき花の一もと
(「薩藩旧記雑録 後編」3-901)

豊臣秀吉の命で名護屋城詰めをしていたときに詠まれた物です。この時義久にも朝鮮出兵の命が下りましたが、老年であることを理由にそれは回避されました、が、その代わりに名護屋城詰めを命じられたのでした。実質的には人質に取られたのではと考えられます。

このあと、梅北一揆、そして弟・島津歳久へ自害を命じるなど、この年は義久の生涯でも苦難の一年になります。そんなことを余り感じさせないのんびりした内容の一首です。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]