忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
前の話はここら



島津常子には成人しただけでも実に上下合わせて14人もの兄弟がいました。今じゃ考えられない数ですね。
もちろん、この時代のことですから、お母さんは同じではなく
9人:妾 山崎須磨子
5人:妾 菱刈久
となっています。てゆーか、9人でも多いぞヾ(^^;)

薩摩藩が明治維新時に勝者の側に立ったお陰かどうか、女性はそこそこ良いところに嫁がれています
…といっても、常子みたいにずるずる行き遅れて諦めたころ?に宮家から話が来たと言うことも割とあったようですが(^^;)
余りにも家柄が良すぎても、今度は相手を選ぶので、意外に華族のお姫様の婚家探しは大変だったようです。

前回のお話で紹介した『幕末300藩 古写真で見る最後の姫君達』では、常子が2人の妹と一緒に撮影した写真が出ています。常子がようやくヾ(^^;)結婚がきまった明治35年に撮られた記念写真です。

一番左の洋服姿の女性が常子で、真ん中で立っているのが正子、右で椅子に座っている一人年少の女の子が為子 というのは前回で紹介済みか。
正子に関しては同じ本の「近衛泰子」の項目の方で詳しく登場しています。

この二人の妹も興味深い生涯を送ってられます。
ついでに(ヲイ)紹介してしまおう。
※興味のある方は「つづきはこちら」をクリックぷりーず
※この記事で紹介する写真は1枚を除き『幕末300藩 古写真で見る最後の姫君達』から引用した物です



拍手[0回]

PR
先日、本屋でちらっと立ち読みした本関連でネットで検索し、今頃になってトランプ大統領の黒幕?と言われる人物「スティーブン・バノン」という名前を知ったわけだが(汗)
このバノンという人物、ある歴史観を“信仰”しているらしい。その歴史観というのが「フォースターニング」論と言われる物で、国の命運は4つのステージをぐるぐるぐるぐると繰り返している…というもの。これだけでは何が問題なのか分かりにくいが、この論では個人主義が最高潮に達し狂信的な投機が賞賛された(→今の時代に似てますね)後には、一転して国家権力が強化され市民が集団に動員されるという最後のステージが待っている…というもの。この「フォースターニング」論を主張した人は「森は定期的な山火事を必要としているし、川にも洪水が必要だ。社会も同じであり、新たな黄金時代を迎えるためにわれわれには支払わなければならない代償がある」と言う比喩ではあるが、社会制度が硬直したときには戦争をも含めた破壊行動も全然否定してないというかむしろ推奨してるような雰囲気があるのがコワイ

とここまで読んで、これどこかで見たことあるな~と思ったわけです。
これって、石原莞爾の「最終戦争論」そっくりじゃないか?、と。
最も「最終戦争論」は大戦争の後には恒久的な平和が来る=歴史はループしてない、という点で「フォースターニング」論と違う点もありますが。

ともかく、こういうテロや紛争多発の似たような時代に、似たような思想がじわじわ支持を得ているところがコワイ。
石原莞爾自身もそうだった(と私は考えている)ように、自分の信念に基づいて火に油付けて自ら戦争の火種を巻いてしまう場合もありますしね。

ちなみにこの「フォースターニング」論は翻訳本が出たそうです。訳者自身もトンデモ本と思ってられる節がありますが(苦笑)



では気を取り直して本題。

最後の鹿児島藩主であり、明治に公爵となった島津忠義の娘からは2人も皇族妃になった人が出ました。
一人が前回紹介した三女(実際は四女)・常子です

もう一人の宮妃の方が有名かも知れない。
ちうのも、その人は今の天皇陛下の曽祖母になるからです。

ただ、かえってこういう背景があるためからか、有名人の割りにはその生活ぶりとかを伝える資料とか本をほとんど見たことがない。
今回『闘う皇族』(浅見雅男)と『少年皇族が見た戦争』(久邇邦昭 ちなみに今回のネタの孫になる)
を参考に書いてみる。
ただこの二冊の本でも、記述はかなり乏しいのが現状ですが…。

今回のネタは 久邇宮邦彦王妃・倶子(ちかこ) です。
※なおこの記事中に掲載した写真は上記2本及び『近代皇族の記憶-山階宮家三代』から引用した物です



拍手[2回]

悲報 阿闍梨餅減産のお知らせ
(T∀T)
京都土産でお手軽でおいしいの代名詞だったのですが…原料不足じゃ仕方ないか

では気を取り直して本題
幕末三百藩 古写真で見る最後の姫君達
と言う、いかにもミーハーな本を借りてきました(^^;)
その本に一人だけ、島津家のお姫様がネタにされていました。
 島津常子
最後の薩摩藩主・島津忠義の娘の一人です。
ちなみにこのコラム執筆の担当は尚古集成館学芸員の寺尾美保氏。肩書きにもうひとつ「東京大学大学院博士課程在籍中」とあったのでちょっとビックリ。鹿児島から飛行機通学でしょうかねヾ(^^;)

では本題にもどって、島津常子がどういう生涯を送ったのかと言うことについて、上記の本に書かれた寺尾氏のコラムなどを元にして紹介してみる
気になる方は「つづきはこちら」をクリックプリーズ
※以下記事中に出てくる写真は上掲本、または『近代皇族の記憶-山階宮家三代-』より引用した物です。



拍手[2回]

塩山紀生氏がこんな亡くなり方されたというのがショック
先日ようやく『装甲騎兵ボトムズ』再放送で最終回見終わったところなのに。



さて表題の話。

天皇陛下の“退職”がいよいよ本決まりのようですが
これまたかなり揉めて決まった称号「上皇」。
ご存じの方も多いかと思いますが、「上皇」が登場するのは実に200年ぶり(光格天皇が1817年に譲位して以来)とのこと。

古代にまで遡ると、そもそも天皇には譲位の習慣はなかったらしい。
『日本書紀』によれば、最初に譲位したと言うより無理矢理させられたのが皇極天皇。史上2人目の女帝でもあります。この人が譲位した原因というのが、蘇我蝦夷・入鹿親子がクーデターで殺害されたあの乙巳の変なのですが、『日本書紀』によればその後「上皇」とかそれに類するような称号を名乗った記録がない。
なおこの皇極天皇、後に斉明天皇として重祚(もう一回天皇になる)した第1号でもあるという、見ように寄れば非常に注目点の多い人物なんですが、この辺を重点的に研究した本とか論文とか管見では知らない(^^;)

その後、譲位を行ったのが持統天皇。史上3人目の女帝であり、そして記念すべき「上皇」第1号です。当時は「太上天皇」というのが正式名称でした。
この人についてはかなり研究も進んでいまして、この譲位+太上天皇号もかなり政略的+戦略的な目的を持って行われたのでは?というのが有力な説となっています。持統天皇は天武天皇の皇后でしたが、産んだ子供は男子一人(草壁皇子)。しかも自分に先だって死んでしまいます。草壁皇子には女子2人男子1人の子供がいました。ほかにも天武天皇の皇子が大勢健在の中、何とかして自分の孫を天皇にしようとした持統天皇は天武天皇の死後2年も経ってから「中継ぎ」として自ら天皇となり、更に自分の目の黒い内にこの男子の孫を天皇(文武天皇)にして、自分は後見人として「太上天皇」という立場を新設して政治の実権を握り続けたと推測されています。

その後誕生した太上天皇は、すべて女性(元明天皇元正天皇)。男性初の太上天皇が、奈良の大仏で有名すぎる聖武天皇です。聖武天皇が何で太上天皇になろうとしたかという経緯は拙ブログのこの辺で書いております。
ちなみにもうひとつ興味深い話ですが、聖武天皇の娘・孝謙天皇は今のところ日本史上唯一の女性皇太子から天皇になった女性ですが、一度譲位して淳仁天皇に跡を譲った物の、史料(『続日本紀』)を見る限りでは「太上天皇」と言われた形跡がないのです。何かこの辺は色々事情がありそうなんですが、この辺を研究した論文とかも見たこと無いな(^^;)

この孝謙(称徳)天皇が亡くなった後は、光仁、桓武と以後は男性の天皇が江戸時代初頭まで続くわけですが、光仁と桓武は終生天皇位にあり、上皇になっていません。しかし、この桓武の跡を嗣いだ平城天皇は病気から突然譲位して上皇になってしまいます。その後は天皇の譲位は普通のこととなります。
特に摂関政治で藤原氏の勢力が巨大な物になると、若年、壮年の天皇が早々に退位させられることが頻発。
平安末期になり院政の時代になると、逆に天皇は適当なところで辞めて上皇になってやりたいほうだいやる状況が普通にヾ(^^;) ただ鎌倉時代以降は朝廷の権力が徐々に弱くなって上皇になってもやりたい放題やれなくなってくるわけですが…とくに持明院統(後の北朝)と大覚寺統(後の南朝)の系統が対立していた鎌倉後期には上皇が5人も同時に存在するという異常な状況になったことも。

そして、先述したように江戸時代後期の光格天皇が最後の上皇になります。
その後、江戸時代に天皇になった二人(仁孝天皇、孝明天皇)は譲位する前に亡くなったので上皇にはなってません。
明治時代には生前の譲位を禁止する法律が成立、法律上でも上皇は禁止

…になったのですが、平成になって高齢化社会が進み、今回の問題となったわけです。
今回は急なことだったので特別立法で何とか凌いだけど、この問題後々も起こるのは自明なんで、いずれは法律変えないといけないんでしょうね。

拍手[0回]

京唄子さんが4/6に89歳で亡くなられていたそうですが。

この10年ぐらいはすっかり地元関西でも露出しなくなってました。
多くの方にとっては『渡る世間は鬼ばかり』で有名な方だったでしょうが、私的には『おもろい夫婦』という番組で馴染みのある人でした。この番組実は嫌いだったな~ヾ(^^;)日曜日の夜10時半という放映時間もあり(明日から学校か~)という気分で暗いのを後押しするような、雰囲気暗い番組でした。しかもこれの前の番組があの伝説的番組『パンチdeデート』で、落差ありすぎ。

ちなみに私にとって「おおとりけいすけ」とはこの京唄子の元夫・通称“ぽてちん”でしたヾ(--;)
同名異字の有名人が幕末にいたことはかなり後になってから知る(ヲイ)

…年齢ばれてきたところで、気を取り直してヾ(^^;)



では本日の本題。
前回の話はこちらです。

別件で取り寄せた本に載っていた史料より
(天正19年2月)二十九日、宗ゑき(注1)と申者、天下一之茶之湯者ニて候つれ共、色々まいす(注2)仕候故御清はい有之也、大徳寺山門之こうりう仕、末代迄名を残と存木像を我すかたニ作、せきた(注3)をはき、つゑをつき□(申カ)有之、いわれ関白様ヘ申上候へハ、猶いよいよさいふかく成申候間、くひをきり、木像ともにしゅらく大橋(注4)にかけ置候也、大徳寺之長老衆も両三人はた物(注5)に御あけ候ハんと儀候つれ共、大政所様、大納言殿こうしつ(注6)、各上様へ御侘言により長老衆御たすけ分也、玄以法印(注7)・山呂玄羽(注8)、御はな分也、木さうは一日○(=25日)よりかゝり申候。今日千本ねん仏へ参、
(「北野社家記録」)
『史料による茶の湯の歴史』(上)主婦の友社 p.432
(注記)
1:宗ゑき→千利休
2:まいす→売僧 つまり僧侶であることを隠れ蓑として金儲けに血道を上げている悪徳坊主を指す
3:せきた→雪駄
4:しゅらく大橋→”聚楽大橋” 一条戻橋のこと(但し現在の戻橋とは場所が異なる)
5:はた物→「機織り機に掛けて見せ物にする」=張り付け獄門のことガクブル 詳しくは拙ブログのこちらもどうぞ
6:大納言殿こうしつ→“大納言殿”こと豊臣秀長の正室・智雲院か。なお秀長は天正19年1月22日に死去。
7:玄以法印→前田玄以
8:山呂玄羽→山口玄蕃頭正弘の誤字か。山口正弘(宗永)は後に小早川秀秋の筆頭家老となるが、更に独立大名となる。関ヶ原の合戦で西軍につき前田利長に攻められ戦死。

「北野社家記録」は”北野”こと北野天満宮の社家であった松梅院の日記で、いわゆる同時代史料と言って良いと思います。
その日記で「首を切り、(大徳寺にあった)利休の木像と共に一条戻り橋に張り付けされた」とあるのですから、やっぱり千利休が助かった可能性は低いんではないかと考えます。

ただ、巷説では「千利休は切腹で死んだ」(上掲書『史料による~』でも江戸時代初頭に成立した「利休由緒書」で「利休は切腹」という話が出ている)とされていますが、「北野社家記録」では「御清はい」(御成敗)とありますので、実際は斬首だったのかも。


ところで。

今回参照にした『史料による茶の湯の歴史』は、その問題の中村修也氏も編集に関わってるようなんですが(^^;)、「北野社家記録」をまさかうっかり見過ごしたわけではないと思うんだが…。

拍手[2回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 ばんない]
[07/07 たべのむらじ]
[05/21 書き人知らず]
[04/12 書き人知らず]
[03/09 ばんない]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]