忍者ブログ
拙HP「戦国島津女系図」の別館…のはず
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までのお話   

このネタ、どうも本当に長くなりそうだ_| ̄|○

なんとか「本藩人物誌」読了。
あやしそうな人
・高崎伊豆守能乗 雲居士 島津義久が烏帽子親、寛永14年4月19日卒(「本藩人物誌」)
・比志島美濃守国親 林大禅伯 比志島国守の息子、天正頃の人(「本藩人物誌」)
まだ見落としがあるかも知れないけど…再読するのはごめんしてください(汗)

あと、前回の記事のご指摘で思いついたことなど
 

拍手[0回]


桐野さんの指摘で
>あの墓群、最初からあそこにあのままあったのかどうか疑問です。移動されている可能性もありますね。 
というものがあった。

実は今熊野観音寺の五輪塔群、損壊している箇所が多いのである。
真ん中の五輪塔の写真 向かって右の五輪塔?の写真 向かって左の五輪塔?の写真
併せて参照 桐野さんブログの紹介記事(写真はクリックで拡大します)

気になっている損壊箇所
1:真ん中の五輪塔、真正面の「慶長三年」の下の文字。「~月」と掘られているのがかなり下に確認できるので、「三年」と「月」の間に何文字かあったのは確実。剥落と言うよりは削られたような感じ。
2:真ん中の五輪塔、向かって右側の面に掘られた「藤原氏島津義久」の下部。真ん中にある梵字との釣り合いを考えると、「義久」の下に何文字かある方がバランスが取れていると思う。しかし無い。崩落はなかったので、やはり削られたか。
3:向かって右側の五輪塔?の台部、「春宋(春栄)」の「春」の部分が削られているように見える。拙HP写真 桐野さん写真

意外なのは向かって左側、平田増宗の物と判明している石塔。後に「謀反人」とされたにもかかわらず、ほぼ損傷がないのである。

うーむ…

※このネタに関する情報、ご意見お待ちしています。本気で。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 書き人知らず]
[09/22 大嶋昌治]
[06/28 Albertbaw]
[05/19 春山]
[05/06 桐野作人]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ばんない
性別:
非公開
自己紹介:
初めての方はこちらの説明をお読み下さい。リンク・引用の注意もあります。

プロフ詳細はこの辺とかこの辺とか
カウンター
バーコード
アクセス解析
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]